header1 home Thai language
ホームボタンツアーボタンホテルボタンプーケットボタンお支払について会社概要ボタンお問い合わせボタンBLOG

プーケット空港~ホテル

  1. 空港~ホテル間送迎特別価格

  2. 空港~ホテル間送迎

  3. シティツアー+空港送迎

タクシー

日本語ガイド

プーケット⇔ピピ島⇔クラビ

  1. ピピ島行きフェリー(片道・往復)

  2. ピピ島ランチ付フェリー(往復)

ピピ島・カイ島・バンブー島

  1. ピピ島(フェリー)
  2. ピピ島(フェリーVIPルーム)

  3. ピピ島半日(スピードボート)

  4. ピピ島・カイ島日本語(スピードボート)
  5. ピピ島・カイ島(スピードボート)

  6. 早朝ピピ島・バンブー島(スピードボート)
  7. ピピ島・バンブー島日本語(スピードボート)
  8. ピピ島・バンブー島(スピードボート)

  9. カイ島(半日)
  10. カイ島(1日)

ラチャ島・コーラル島・クラビ

  1. ラチャ島ボート宿泊

  2. ラチャ2島・マイトン島

  3. コーラル島バナナビーチ
  4. ラチャ島・コーラル島バナナビーチ

  5. ラチャ島
  6. ラチャ島・コーラル島ロングビーチ
  7. コーラル島ロングビーチ(1日・半日)

  8. クラビの4つの島巡り

マイトン島

  1. マイトン島スピードボード
  2. マイトン島ヨット
  3. サンセットマイトン島ヨット

シミラン島・スリン島・タチャイ島

  1. シミラン諸島(10~5月のみ)
  2. タチャイ島(10~5月のみ)
  3. スリン島(10~5月のみ)
  4. シミラン島宿泊(10~5月のみ)

ロック島・ハー島

  1. ロック島・ハー島L(10~5月のみ)
  2. ロック島・ハー島S(10~5月のみ)

貸切ヨットクルーズ

  1. 貸切1日ヨット
  2. 貸切サンセットヨット

パンガー湾

  1. ジェームスボンド島・カイ島
  2. ジェームスボンド島・象のり・カヌー
  3. ジェームスボンド島(ジャンクボート)
  4. ビッグボートとカヌー
  5. ラフティング+ZIPLINE+ATV

カオラック

オプショナル

  1. プーケットシティツアー

  2. エレファントキャンプ
  3. タイガー&エレファントフォトプラン
  4. タイガーキングダム割引
  5. スイミングウィズエレファント
  6. 象のりシービュー
  7. プーケット動物園

  8. ATV バギー 象のり
  9. ハヌマンワールドジップライン
  10. スカイラインジップライン
  11. 射撃
  12. サーフハウス

  13. プーケットファンタシー
  14. サイアムニラミット
  15. サイモンキャバレー
  16. トリビューム

  17. フィッシングツアー
  18. ウィークエンドマーケット(土・日のみ)
  19. フォトプラン
  20. Tattoo

  21. レストラン無料予約代行

スパ

  1. オリエンタラウエルネス(パトン)
  2. オリエンタラスパ(パトン)
  3. オリエンタラ(プーケットタウン)

  4. バライスパ(カロン)

  5. オアシススパ(ラグーナ、カマラ、カタ)

  6. アイランドハーブスパ(シャロン)

ゴルフ

  1. レッドマウンテン
  2. ロックパーム
  3. プーケットカントリークラブ

ダイビング

ショッピング

  1. ゴチャパンGochapan
  2. ジムトンプソンアウトレット
  3. ポロサスエキゾチックレザー
  4. KING POWER免税店
  5. ダイビング用品販売

バンコク、パタヤ、アユタヤ

ビザ取得

  リタイヤメントビザ

プーケットのお天気

プーケット旅行での注意

よくあるご質問

プーケット旅行の注意事項

内容

プーケットに限らずタイ旅行で注意してほしいことです。個人的な意見も含まれています。

 

・喫煙について
タイは喫煙については年々厳しくなっています。電子たばこは一切禁止。プーケット空港も全面禁煙。エアコンの効くレストランなどは禁煙。公共施設の出入口から5m以内は禁煙。タクシー、バスなど公共交通機関内は禁煙です。

・車優先です
日本は歩行者優先の国ですが、タイは車が優先と思われたほうが安全です。また歩道などの整備はまだまだ遅れており、段差が大きく、穴が開いている場所もあります。

・蚊が多い場所もあります
デングなどの発症の原因となっています。日本の蚊除けは優秀です。肌に塗るもの、部屋にワンプッシュするものを持ってきましょう。

・雨期があります
5月中旬~10月後半までは天気が不安定です。また通常ツアーは雨でも続行されます。雨季の時期は100円ショップのポンチョを持ってきましょう。離島ツアーなどで海上で雨が降ると体感温度はかなり下がります。防寒対策にもなります。

・旅行保険に入ってきましょう
慣れない国での食べ物にあたるときもあります。旅行保険に入ってきましょう。保険の適用がないと海外の病院の治療費は非常に高額です。国民健康保険がないタイでは、薬局は頼りになります。また個人的にはタイでの病気はタイの薬のほうが効くと思っています。

・ナイフと紙皿を持ってきましょう
フルーツが格安で手に入ります。カットフルーツもありますが、ナイフと紙皿があれば、フルーツスタンドなどで購入しホテルの部屋で食べれます。

・声を掛けてくるような人間に注意しましょう
声を掛けてくるような人間は金銭を搾取する目的が多いです。 国民の90%以上が仏教徒のタイですが、それが親切とは結びつきません。また時間を守らないなどいい加減な部分も目立ちます。一部の人間にとって日本人はいいお客様です。詐欺などに気を付けましょう。